株式会社カイハツは農林水産省および島根県下を中心に営業展開をしている建設コンサルタントです。

ストマネ機能診断について

機能保全

 農業水利施設は、食料の生産に欠かせない用排水の管理はもとより、水の循環を通じた流域環境保全などの機能を有しています。しかし、高度経済成長時期に大規模に整備が進められ建設されたダム、頭首工、用排水路、ポンプ場等の施設も周辺環境の変化や経年変化により、想像以上に劣化・損傷が進行し、農業水利システムの機能をいかに保全していくかが重要な課題となっています。そのために、農業水利施設の機能診断と適時適切な補修・補強により施設の長寿命化を図る必要があり、機能・保全に対応した確かな診断が必要です。

 

ポンプの健全度評価

 揚排水機施設においても機能診断調査が必要となります。診断は、主として、日常・定期点検記録などを基に、目視・触覚・聴覚・臭覚などの五感を基にした判断や付属計器類の指示値によって異常の有無の確認を行います。また、専門技術者が設備・機器・部材について、計測機器を用い定量的・定性的調査によって劣化の程度(原因)の判定を行い余寿命予測を行うもので、ポンプ設備機器の分解を伴う診断も行います。

 

コンクリート診断

 社会資本整備としてのコンクリートは、すでに膨大な量の構造物としてストックされています。これらのコンクリートは年月を経ると、いろいろな要因で劣化がはじまりますが、適切な処置を講ずることにより構造物としての寿命を延ばすことが可能になります。橋梁、農水施設、河川構造物、港湾構造物、上下水道施設といった土木構造物の劣化診断を、専門技術者が調査から試験までを通して適切な診断を約束します。