株式会社カイハツは農林水産省および島根県下を中心に営業展開をしている建設コンサルタントです。

補償コンサルタント業務について

補償業務

 公共事業を計画的に、しかも着実に実施していくためには、事業用地を円滑に確保することが不可欠です。公共事業の施行には、土地を取得したり、建物等を移転したりする必要が生じます。所有権や借家人等の関係人に生じる損失の補償やこれらに関連する業務を国、地方公共団体等の起業者から受注して業務に当たります。補償コンサルタントの行う業務は、土地調査、土地評価、物件、機械工作物、営業補償・特殊補償、事業損失、補償関連の7つの登録部門に分かれていますが、中でも土地調査、物件調査、営業補償・特殊補償、事業損失は当社の得意とする部門です。

損失補償

【土地調査部門】

 土地の権利者の氏名及び住所、土地の所在、地番、地目及び面積並びに権利の種類及び内容に関する調査などを行い、土地補償の基礎データを作成します。これにより、土地の補償すべき対象が明確になります。

 

【物件部門】

 木造建築、一般工作物、立木又は通常生ずる損失に関する調査及び補償金算定業務を行います。住んでいる人たちの生活機能を失わせない様に、移転できるものと移転できないものを分類し、移転方法、移転先を考慮したうえで、補償額を算定します。

【営業補償・特殊補償部門】

 公共工事において、建物の移転工法(残地内での機能回復・構外再築)により営業を休止・又は営業廃止・規模縮小をしなければならない場合があります。また、その地を拠点にしている漁業・鉱業にも影響があります。それらの損失や仮営業所の設置などに対して、適正な損失補償額を算定します。

【事業損失部門】

 事業の施工に伴って発生する騒音・振動・水枯渇・地盤変動・日陰等によるを損害等に関する調査及び費用負担の算定業務を行います。